amachi.Meeting Jacket – FO Off White #京都amachi.

 

 

ついこないだ年明けたって感覚だったのが新年度、も、半分を折り返してって、で気づいたらGWになってて〜

”時間に追われてる”って表現がありますが、毎日毎日時間を追って時間を繕う(作ろう)絶賛キャンペーン中の杉本です。

 

店頭の業務の他に個人的にお手伝いさせて貰っている事や、個人的に取り組んでいる事、

やりたい事、やっておきたい事は年を重ねる毎に増えて行く一方。はて、、このままのペースなら棺桶の中でもやりたい事に溢れて死んでも死に切れないかも、、もし蘇ったらリック・グライムズにお願いをしよう。🔫

 

そうならないように小さなことからコツコツと、、

 

そう心に誓ったショウ・スギモトは今日もブログを書き綴る。

 

笑。

 

はい、、本日は10回目のコレクションとメモリアルシーズン突入amachi.

アーカイヴアイテムからファブリックを通して異なったアプローチを施しローンチ。

名盤Meeting Jacketをamachi.のフィルターにもう一度潜らせて

 

 

 

 

【Meeting Jacket – FO Off White】

size : 4  /  5

price : ¥52,800(tax in)

 

 

 

 

 

 形は名盤のままモールスキンにて。

 特有のハリコシが各所ディティールを光らせる。唸るリアプローチですな

 

 

 背面の印象深いインバーテッドもより濃く、このプリーツをどんな表情にしていこうか、

モールスキンならではの経年変化後も含めて着倒したい。そんな想像も膨らむファブリック改革的な

 

 

 

 先に背面から記したものの、この一着の主役はやはりフロント、

 

 

 shirs #marvinepontiakshirtmakers

pants #walesbonner

shoes #kleman

 

 

 

 

 変形カラーにあやかる形でこれまた変形カラー的スキッパーシャツをインナーへ

 

 

 

 

 

 開いた首元へのキリッとしまった印象、どうですか、(ドヤ顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 着初めだからこそこのハリ感を楽しむ。

錐状のシルエットも輪郭を捉えられなくなるくらい

 

 

 

 

 

inner #Oproject

pants #DriesVanNoten

sandal #HenderScheme

 

 

 

特殊ディティールでもっと楽しむ。

インカラーで難解な初夏スタイリングもきっちり季節感を落とし込こんでスタイル巧者へ

 

 

inner #EdwardCuming

pants #amachi.

shoes #HenderScheme

最後はセットアップで落として。

モールスキンのセットアップ、、なんて男前な響きですけどリアルに具体的に着て頂けます

この春夏着倒して、秋頃はいい表情で着れることでしょう!

この一着で一年を彩るのもアリかも、、

是非お試し下さいませ

2022.04.17

sugimotosugimoto